1. ホーム
  2. 採用情報/社員インタビュー
  3. 印刷オペレーター部門/藤井和彦

社員インタビュー

印刷オペレーター部門

生産部 印刷課
藤井和彦[2013年新卒入社]


不安に思えることも、
飛び込めばなんとかなるものです。
大切なのは"今"を頑張ること。


Q . 精真社に入社した理由は?


もともと商業高校出身なのですが、工場でモノを作る仕事に興味がありました。地元で就職したいという気持ちもありまして探していたところ、ちょうどいい会社が見つかったんです、それが精真社(笑)
入社前は全く未知の分野だったのでかなり不安はありました。ですが機械の操作は思ったよりもわかりやすく意外と大丈夫だったのが率直な感想です。



Q . 精真社で取り組んでいる仕事は?


主に大型の印刷機のオペレーションです。
直径が1m近くもある「巻き取り」と呼ばれる印刷用ロール紙のセットや、印刷機械の操作やメンテナンスなど、自社のメインの印刷機に関わる業務です。


Q . 入社後の教育は?


最初の数日間は新入社員研修がありました。その後は工場内で先輩に教わりながら色々な作業を体験し、その後正式に今の部署に配属が決まりました。いわゆるOJTでの訓練でしたので、実務には早く慣れたように思います。


Q . 苦労とやりがいについて


いま難しいと感じているのが、ロール紙の交換です。紙のセットがうまく行かず途中で紙が切れたりすることもありますので、どんなに慣れてもこの作業は細心の注意で臨むようにしています。
こうした苦労もあって、自分が印刷した広告が新聞と一緒に自分の家に折り込まれるとやっぱり嬉しくなりますね。


Q . 昼勤と夜勤が入れ変わる交替勤務について


実はあまり苦労を感じたことはありません。うちの部署は週ごとに昼勤と夜勤が入れ替わりますが、その途中に土日の連休が入りますので、体力的に問題はありませんでした。
まれに土曜日が出勤になる場合もありますが、その週は昼勤と夜勤の入れ替えはなくなりますので無理な調整はしなくて済みます。
逆に交替勤務の良いところは、どんなに繁忙期でも時間が来れば帰れるので、長時間残業などがないところですかね。
そうは言っても年末はかなり忙しくなります。そこはがんばって乗り切るようにしています。

Q . 今後の目標は?


ひとつの機械を動かすのには膨大な作業手順と経験が必要になります。
今は機長の指示のもと部分的な機械オペレーションが中心ですが、印刷機のどこの作業でも担当できるようになりたいです。


Q . メッセージ


働くことに対して、学生の方は漠然とした不安があると思いますけれど、気負わなくても大丈夫です。僕もやってみたら「意外と行ける、大丈夫!」と思いました。。
大概のことは「なるようになるもの」ですよ。それが僕の結論です(笑)

お問い合わせ