1. ホーム
  2. 採用情報/社員インタビュー
  3. 印刷オペレーター部門/杉山義徳

社員インタビュー

印刷部門

生産部 印刷課 機長
杉山義徳[1998年新卒入社]


若手を育てていくこと
それが私の今のモチベーション


Q . 精真社に入社した理由は?


学生時代はデザインの専門学校で広告づくりを学びました。 就職するのにあたって、むしろ印刷機の方に興味が出てきて、印刷オペレーターへの道を選びました。
入社して数年で当時の工場長に「お前はすでに匠の顔をしてる」という、今考えてもよく分からない評価(笑)をいただいて今日に至っています。


Q . 精真社での仕事内容は?


輪転機の機長をしています。
印刷機械と刷り上がった製品に対して最終的な責任を負う立場にあります。仕事内容は多岐に渡っていて一言では言えませんが、納期や印刷スケジュールの管理、機械のメンテナンス、資材メーカーとの交渉、製品の精度に対しての判断など、印刷実務全般です。
また部下の育成も私にとって大事な仕事のひとつです。


Q . 苦労とやりがいについて


いま一番気にしていることは若手の育成で、機長候補を育てようと思っています。そのために仕事の上では指示や評価は曖昧にせずハッキリと指導をするようにしています。逆に、部下が良いことをした場合はしっかりと褒めるようにしています。休憩時間にはよく雑談もしたりしてますよ。 今は後輩が育っていくことが、仕事の喜びでありモチベーションになっています。
もちろん自分が印刷物を世に送り出していることも喜びのひとつです。


Q . 仕事上気をつけていることは?


「安全第一」これに尽きます。安全手順の見直しや危険な箇所の周知など、常に気をつけながら改善にあたっています。


Q . 休日はどう過ごしていますか?


もっぱら子供中心の生活です。小学生と3歳の子供がいますので、何をするにしても家族で一緒に行動しています。ホント可愛いですよ(笑)
この子たちをちゃんと育てることが最大の関心事です。


Q . 最後に、どんな人に入社して欲しいですか?


明るくて、コミュニケーションがとれる人ですかね。 私たちはチームを組んで一つの機械を動かすわけですからやっぱりコミュニケーションは重要です。 また自分から進んで質問してくれる積極性があると入社後も伸びていきます。 いずれにせよ、若手には期待しています。


お問い合わせ